【予想】暴力団「工藤会」"死刑求刑"のトップに24日判決

 全国で唯一の特定危険指定暴力団工藤会」(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟(74)とナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫(ふみお)(65)両被告の判決公判が24日午前10時、福岡地裁で始まった。足立勉裁判長は主文の言い渡しを後に回し、判決理由の朗読から始めた。

 野村被告には死刑、田上被告には無期懲役と罰金2000万円が求刑されている。足立裁判長は判決理由の前半で、4事件すべてで野村被告の関与を認定。午後には厳しい刑が言い渡される可能性が高い。

 4事件の実行に関わった組員らは既に有罪判決が出て一部は確定しており、両被告の直接的な指示を示す証拠がない中、両被告と組員らとの共謀が成立するかが最大の争点。判決は今後の暴力団捜査に影響を与える可能性がある。

 この日、23席ある傍聴席の抽選に市民ら475人が長い列をつくり、裁判への関心の高さがうかがえた。野村被告は白いシャツに黒いスーツ姿で入廷した。

 両被告は①北九州市の港湾関連工事などに強い影響力を持っていたとされる元漁協組合長の男性射殺(1998年)②工藤会の捜査を担当していた元福岡県警警部の男性銃撃(2012年)③野村被告の下腹部の脱毛施術などを担当した女性看護師刺傷(13年)④元漁協組合長の孫の歯科医師男性刺傷(14年)――の4事件で起訴された。

 検察側は、4事件とも組員個人ではなく工藤会や両被告に動機があると指摘。両被告の了解なしに複数の組員が役割分担して計画的に事件を起こすことはあり得ないとし、工藤会の強固な「上意下達」の組織性を示す証言を集めて、野村被告らを頂点とする指揮命令系統があったと主張した。

 一方、両被告は全面的に無罪を主張し、組員が勝手に事件を起こしたなどと反論した。弁護側は、検察側の立証に対し「間接事実を強引に結びつけている」と批判した。

 野村被告は工藤会への上納金を脱税したとして18年7月に懲役3年、罰金8000万円の判決を受け、21年2月に最高裁で上告を棄却されている。

 

 引用:工藤会トップら判決公判 主文後回し 4事件関与認定、厳刑へ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/b279c0eb5803dbbb3a396db82079d98ebd58f200

 

www.youtube.com

 

その他の動画

工藤会トップら主文後回し 市民襲撃4事件の判決(2021年8月24日) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=gL94z3F4K3E


工藤会”最高幹部の裁判 判決のポイントを弁護士に聞く - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kunokEMW7YI


工藤会最高幹部の判決公判 主文後回し 両被告に厳刑か - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Ab9Y3-v_9QM


工藤会 最高幹部に判決へ(3)“最凶”を追い詰めろ! 福岡県警VS工藤会 「頂上作戦」の舞台裏 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qXrZ2pvqKq8

関連する記事
工藤会トップ 判決の主文後回し - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6402531
工藤会トップへの判決、主文を後回しに 厳刑の可能性 [裁かれる工藤会]:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP8S21J3P8LTIPE00Q.html
工藤会トップの4事件関与を認定 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6402533